« ◆無軸ファン | トップページ | ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q »

◇反復による画像圧縮

時間反復による画像圧縮

画像圧縮システムが苦手な映像に水面がキラキラしている 場面があります。
細かくランダムな動きが繰り返される画面です。

次のような実験を行ったことがあります。
ビットレートを落とした場合極めて違和感の大きい絵となる 水面のキラキラ部分を0.5秒(15フレーム)程取り出し、 それをその部分で繰り返し再生する。
つまり、時間を反復する形で画像の一部を置き換える のです。
これでも意外と違和感の少ない絵となります。
もっと少ないフレームでも構わないはずです。
ランダムに近い絵なので注意して見ない限り気がつかない のです。
繰り返す元ネタは同じでも、繰り返すフレーム数を 毎回変えるとさらに分かりづらくなります。

実際の圧縮アルゴリズムに組み込んだ実験は行っては いませんが、高圧縮時の見た目の破綻を避ける手段に なるのではないかと思っています。

空間反復による画像圧縮

細かなパターンを持つ圧縮しづらい画面は、よく見ると 同じパターンの繰り返しが多いことが分かります。
元となるパターンのちょっとしたパラメタを変更したもの を並べることにより再構成できるのではないでしょうか?
単に置き換えるのではなく、そのパターンとの差分を情報 とすることも可能です。

ただ、これは誰でも思いつく発想なので、現時点で作られて いないということは、既に誰かがトライしたのだけれど、 パターンの検出の難しさ、期待するほど の圧縮が出来なかったということもあるのかも知れませんね。

###
まあ、ちょっとした、思いつきということで。。。

|

« ◆無軸ファン | トップページ | ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◇反復による画像圧縮:

« ◆無軸ファン | トップページ | ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q »