« ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q | トップページ | ◇光の3原色は物理じゃない »

◆BoseのBase

  • 低音といえばBoseである

Boseのスピーカーはそのサイズからは想像できない程 豊かな低音を出します。

電気的補正はあるとしても、基本は、長く曲がりくねった 共鳴管をスピーカ内に組み込むことで低音を出している ようです。

さて、

  • 低音といえばコントラバス
です。

コントラバスはなかなか厄介な楽器で、でかい、重いは 仕方ないとして、明瞭で迫力のある音を出すのが難しいの です。

アマチュアのオーケストラにとって大きな問題として、 コントラバス奏者が足りないということがあります。
楽器の演奏者は大概は必要な数より多く、アマチュア とはいえオーケストラで席を確保するのは結構大変 なのです。
そんな中、コントラバスだけは人が足りません。

小さな曲ではコントラバス一人ということもありますが、 ある程度大きな曲では6人から8人必要になります。 6~8のパートに分かれているわけではなく、全員 同じ音を出します。(勿論分かれている曲もあるにはあります)

同じ低音でも管楽器のTubaの場合一人で十分な音量を出すこと ができます。コントラバスより明瞭な音を出せます。

コントラバスがもっと明瞭で十分な音量が出せれば。。。

そこで期待するのがBoseです。

曲がりくねった共鳴管を楽器の中に組み込むことで、 一本でホールを揺るがすような重低音を出すことの できる楽器が作れないかと考えるのです。

先頭の写真は楽器内に境を置くことで長い共鳴管を 作るイメージです。表の板を透明にして中を見せています。 この形だと、表の板、裏の板 の鳴りを止めてしまいそうで、あまり良くなさそうです。
2番目は境を横にして共鳴管を作るものです。カットモデルです。
できれば外見は普通のコントラバスであってもらいたい のですが、サイレントベースに共鳴管(箱?)がついた ような形が現実的かもしれません。

バイオリンやチェロはこのような形にすると、期待する 音色が得られないと思いますが、コントラバスの場合 期待されるものが違いますので、十分いけるのでは ないでしょうか?

###
もちろんBoseでなくても構わないのですが、Boseが 出すところにインパクトがある。

|

« ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q | トップページ | ◇光の3原色は物理じゃない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◆BoseのBase:

« ◆光はなぜ潰れない;今更きけない相対論Q&Q | トップページ | ◇光の3原色は物理じゃない »